トップページ >  地盤調査 > 標準貫入試験

標準貫入試験

標準貫入試験 標準貫入試験写真
標準貫入試験は、質量63.5kgのドライブハンマーを76㎝の高さから自動落下させ、ボーリングロッド頭部に取り付けたノッキングブロックを打撃し、ボーリングロッド先端に取り付けた標準貫入試験用サンプラーを地盤に30㎝打ち込むのに要する打撃回数(N値)を求める試験です。

標準貫入試験は、地盤調査の中でも最も普及している調査法で、各機関が定める基礎や地盤改良の設計指針・基準にも積極的に採用されています。

 

【試験方法】
  1. ボーリングロッドの先端に、標準貫入試験用サンプラーを取り付ける。
  2. ロッドを孔底に降ろす。
  3. 63.5kgのドライブハンマーを76㎝の高さから自動落下させる。
  4. ロッドが30㎝貫入するのに、叩いた回数(N値)を記録する。
  5. ロッドを引き上げ、サンプラー内の土の種類を調べる。
  6. 1mごとに上記の作業を繰り返し行う。

 

ページトップへ戻る

株式会社中川商店
本社:〒940-0856 新潟県長岡市美沢4丁目65番12号
新潟支店:〒950-0951 新潟県新潟市中央区鳥屋野347番2
TEL:0258-32-2585 / FAX:0258-32-4606
http://nakagawa-gl.co.jp

建設資材・地盤調査・地盤改良の株式会社中川商店(新潟県・新潟市・長岡市) Copyright© 2012 NAKAGAWA SHOUTEN CO., LTD. All Rights Reserved.