トップページ >  地盤改良 > 深層混合処理(湿式柱状改良)について

深層混合処理(湿式柱状改良)について

柱状改良工法(湿式)とは、粉体のセメント系固化材と水を、予めプラントで攪拌混合してセメントミルクを作り、それをポンプで圧送し、ビット先端から噴射して現地盤土と攪拌混合して改良杭を成形します。
改良深度は10m前後まで施工可能ですが、先端と摩擦の両方で支持がとれるので、より経済的な深度で施工が可能です。杭径は600mm~1400mmの施工が可能ですので、住宅はもちろん、重量鉄骨造・RC等にも採用していただいており、数千件の施工実績があります。
弊社では、一般地盤改良の他に技術認定工法の販売代理店業務も行っております。弊社で加盟しているウルトラコラム工法もぜひご検討下さい。

 

【施工例】 
深層混合処理1 深層混合処理2

 

ページトップへ戻る

株式会社中川商店
本社:〒940-0856 新潟県長岡市美沢4丁目65番12号
新潟支店:〒950-0951 新潟県新潟市中央区鳥屋野347番2
TEL:0258-32-2585 / FAX:0258-32-4606
http://nakagawa-gl.co.jp

建設資材・地盤調査・地盤改良の株式会社中川商店(新潟県・新潟市・長岡市) Copyright© 2012 NAKAGAWA SHOUTEN CO., LTD. All Rights Reserved.